レッスン生・コーチスタッフ大募集です。 03-3608-1135までお気軽にお電話下さい

2021年12月29日

映画鑑賞記:ナイトクローラー

昨晩は2014年公開の映画「ナイトクローラー」を鑑賞。

332704A3-7418-4315-BB9B-37527A0561A4_1_201_a.jpeg
「ナイトクローラー」
(監督)
ダン・ギルロイ
(脚本)
ダン・ギルロイ
(出演者)
ジェイク・ジレンホール
レネ・ルッソ
リズ・アーメッド
ビル・パクストンほか
(音楽)
ジェームズ・ニュートン・ハワード
(公開年)
2014年

(ストーリー)
人脈も学歴もなく仕事にありつけない「ルイス」(演:ジェイク・ギレンホール)は、たまたま事故現場に出くわした時に衝撃的な映像を撮ってはマスコミに売る"ナイトクローラー"と呼ばれるパパラッチの姿を目にする。
その仕事に可能性を感じたルイスは、ビデオカメラを手に入れて警察無線を傍受しては事件現場や事故現場に駆け付けて映像を撮影し始める。
そして過激さを誇るルイスの映像は高値でテレビ局に買い取られるようになるが、局の要望に応えようとルイスの行動は徐々にエスカレートしてしまう・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画『ナイトクローラー』予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:26| 映画鑑賞記

2021年12月27日

映画鑑賞記:ALWAYS 三丁目の夕日'64

昨晩は前日の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に続き、3作目となる「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を鑑賞。

FC6CBBA7-31C6-4C20-ABF5-35CBA6B961C9_1_201_a.jpeg
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」
(監督)
山崎貴
(脚本)
古沢良太
山崎貴
(原作)
西岸良平
(出演者)
吉岡秀隆
堤真一
薬師丸ひろ子
小雪
堀北真希
須賀健太
小清水一輝
もたいまさこ
三浦友和ほか
(音楽)
佐藤直紀
(公開年)
2012年

(ストーリー)
昭和39年、日本中が高度経済成長と東京オリンピックに沸く中、近代的なビルや首都高速道路など都市開発が次々と進み東京の街並みは変貌を遂げ続けていた。
そんな中、夕日町三丁目は変わらずいつものように住民たちが和気あいあいと暮らしており、小説家の「茶川竜之介」(演:吉岡秀隆)は間もなく新しい家族を迎えようとしており、鈴木オートの「鈴木則文」(演:堤真一)も事業を軌道に乗せ、三丁目中が活気にあふれていた。。。

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画 ALWAYS 三丁目の夕日'64 予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:37| 映画鑑賞記

2021年12月26日

映画鑑賞記:ALWAYS 続・三丁目の夕日

昨日は前日の「ALWAYS 三丁目の夕日」に続き、続編となる「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を鑑賞。

BD680C64-77E6-4AE8-A06A-89FA3E0A5F55_1_201_a.jpeg
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
(監督)
山崎貴
(脚本)
山崎貴
古沢良太
(原作)
西岸良平
(出演者)
吉岡秀隆
堤真一
薬師丸ひろ子
小雪
堀北真希ほか
(音楽)
佐藤直紀
(公開年)
2007年

(ストーリー)
昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。
「茶川竜之介」(演:吉岡秀隆)は黙って去った「ヒロミ」(演:小雪)を思い続けながら、「淳之介」(須賀健太)と暮らす日々を過ごしていた。
そこに淳之介の実父が再び連れ戻しに来る・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」劇場予告


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:10| 映画鑑賞記

2021年12月25日

映画鑑賞記:ALWAYS 三丁目の夕日

昨晩は2005年公開の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を鑑賞。

3E80AA2F-8597-454A-B87B-5BC86C6BEF2C_1_201_a.jpeg
「ALWAYS 三丁目の夕日」
(監督)
山崎貴
(脚本)
山崎貴
古沢良太
(原作)
西岸良平
(出演者)
吉岡秀隆
堤真一
小雪
堀北真希
薬師丸ひろ子ほか
(音楽)
佐藤直紀
(公開年)
2005年

(ストーリー)
昭和33年のある日。
東京下町の夕日町三丁目で"鈴木オート"という小さな自動車修理工場を営む鈴木家に、集団就職のために上京してきた「六子」(演:堀北真紀)が住み込みで働くことになる。
また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主で小説家の「茶川竜之介」(演:吉岡秀隆)の元にも、見ず知らずの少年がやってきて面倒を見ることになるが……。

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」劇場予告


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:40| 映画鑑賞記

2021年12月23日

映画鑑賞記:クローバーフィールド・パラドックス

昨晩は前日の「10 クローバーフィールド・レーン」に続き、ネットフリックス配信となった次作「クローバーフィールド・パラドックス」を鑑賞。

2752AD49-E4BF-4098-9E36-05AD998A06C8_1_201_a.jpeg
「クローバーフィールド・パラドックス」
(監督)
ジュリアス・オナー
(脚本)
オーレン・ウジエル
(出演者)
ググ・バサ=ロー
デヴィッド・オイェロウォ
ダニエル・ブリュール
エリザベス・デビッキ
チャン・ツィイーほか
(音楽)
ベアー・マクレアリー
(公開年)
2018年

(ストーリー)
近未来。
国際宇宙ステーションでは、世界各国の科学者たちが地球のエネルギー危機を解決するための実験を行っていた。
しかし実験中のある事故により次元のずれが生じ、不可解な現象が次々と発生、やがて恐ろしい事態が起きる・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

『クローバーフィールド・パラドックス』予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:55| 映画鑑賞記

2021年12月22日

映画鑑賞記:10 クローバーフィールド・レーン

昨晩は前日の「クローバーフィールド」に続き、次作となる「10 クローバーフィールド・レーン」を鑑賞。

8ED8C3B6-2B72-4452-AB67-0FD117E400CB_1_201_a.jpeg
「10 クローバーフィールド・レーン」
(監督)
ダン・トラクテンバーグ
(脚本)
デイミアン・チャゼル
マット・ストゥーケン
ジョシュ・キャンベル
(出演者)
ジョン・グッドマン
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ジョン・ギャラガー・Jrほか
(音楽)
ベアー・マクリアリー
(公開年)
2016年

(ストーリー)
服飾デザイナー志望の「ミシェル」(演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド)はある日、婚約者のベンと喧嘩し家を出て車を走らせるが、ルイジアナ州の森と畑が広がる一帯にさしかかった時にカーラジオから南部海岸一帯が原因不明の停電に襲われているとのニュースが流れ、その直後に突然大きな衝撃に襲われて意識を失う。
ミシェルが目覚めると、右足に大怪我を負い治療を受けた状態で地下シェルター内にいた。
そして見ず知らずの男がやってきて「あるとてつもない破壊的な攻撃を受けて地上は壊滅、自分があなたを救った」と主張する。
しかし男の主張に疑問を持ったミシェルは、真実を見極めるべく外の世界へなんとか出ようとするが・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画『10 クローバーフィールド・レーン』予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:58| 映画鑑賞記

2021年12月21日

映画鑑賞記:クローバーフィールド/HAKAISHA

昨晩は2008年に公開された映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」を鑑賞。

9825575B-9396-42D0-AA93-86E653BCCB76_1_201_a.jpeg
「クローバーフィールド/HAKAISHA」
(監督)
マット・リーヴス
(脚本)
ドリュー・ゴダード
(出演者)
マイケル・スタール=デヴィッド
マイク・ヴォーゲル
オデット・ユーストマン
リジー・キャプラン
ジェシカ・ルーカス
T・J・ミラーほか
(音楽)
マイケル・ジアッチーノ
(公開年)
2008年

(ストーリー)
とあるニューヨークの夜。
日本への転属が決まり赴任することになった「ロブ」(演:マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズパーティーを開いていた。
しかしそのパーティーの最中に突然とてつもない爆音が鳴り響き、外の様子を見にパーティ会場の屋上へ向かったロブ達は、そこで炎に包まれたニューヨーク市街を目撃する・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

クローバーフィールド/HAKAISHA 予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:08| 映画鑑賞記

2021年12月19日

映画鑑賞記:パソフィック・リム:アップライジング

昨晩は前日の「パシフィック・リム」に続き、続編となる「パシフィック・リム:アップライジング」を鑑賞。

6590AEA0-971A-403A-8570-FA9EFA9459D4_1_201_a.jpeg
「パシフィック・リム:アップライジング」
(監督)
スティーヴン・S・デナイト
(脚本)
エミリー・カーマイケル
キラ・スナイダー
スティーヴン・S・デナイト
T・S・ノーリン
(出演者)
ジョン・ボイエガ
スコット・イーストウッド
ジン・ティエン
ケイリー・スピーニー
菊地凛子
バーン・ゴーマン
アドリア・アルホナ
マックス・チャン
チャーリー・デイほか
(音楽)
ローン・バルフ
(公開年)
2018年

(ストーリー)
巨大兵器イェーガーを駆使する人類と「カイジュウ」たちとの激闘から10年。
今は亡き英雄「ペントコスト」の息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていた「ジェイク」(演:ジョン・ボイエガ)は、環太平洋防衛軍を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。
しかしある日、同じくイェーガーのパーツを盗んでいた「アマーラ」(演:ケイリー・スピーニー)と共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。
そこで彼は義姉の「マコ」(演:菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになるが・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画「パシフィック・リム: アップライジング」日本版予告


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:52| 映画鑑賞記

2021年12月18日

映画鑑賞記:パシフィック・リム

昨晩は久しぶりに映画「パシフィック・リム」を鑑賞。

F52F0922-DFB0-4B29-BBB4-63479241F368_1_201_a.jpeg
「パシフィック・リム」
(監督)
ギレルモ・デル・トロ
(脚本)
トラヴィス・ビーチャム
ギレルモ・デルトロ
(出演者)
チャーリー・ハナム
菊地凛子
イドリス・エルバ
チャーリー・デイ
バーン・ゴーマン
クリフトン・コリンズ・Jr
ロバート・カジンスキー
マックス・マーティーニ
ロン・パールマン
芦田愛菜ほか
(音楽)
ラミン・ジャヴァディ
(公開年)
2013年

(ストーリー)
2013年のある日、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。
「カイジュウ」と呼ばれたその巨大生物は世界各国の都市を次々と破壊、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。
人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器「イェーガー」の開発に成功、パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画『パシフィック・リム』予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:02| 映画鑑賞記

2021年12月16日

映画鑑賞記:ブレードランナー2049

昨晩は前日の「ブレードランナー」に続き、続編となる2017年公開の「ブレードランナー2049」を鑑賞。

795A27EC-A271-4CEF-B5C9-532BEA4D0E4B_1_201_a.jpeg
「ブレードランナー 2049」
(監督)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
(脚本)
ハンプトン・ファンチャー
マイケル・グリーン
(出演者)
ライアン・ゴズリング
ハリソン・フォード
アナ・デ・アルマス
シルヴィア・フークス
ロビン・ライトほか
(音楽)
ベンジャミン・ウォルフィッシュ
ハンス・ジマー
(公開年)
2017年

(ストーリー)
2049年、環境破壊が進んだ地球では外宇宙オフワールドの新天地へ旅立てなかった人々が陰鬱な世界で暮らしていた。
そんな地球では、2022年に起きた"大停電事件"以降に製造禁止になっていた人造人間「レプリカント」が、2036年にウォレス社が"ネクサス9型"を開発したことで再び人間の使役として働き始め、旧型の"ネクサス8型"は専任捜査官「ブレードランナー」によって追跡され"解任(抹殺)"されていた。
ロサンゼルス警察のブレードランナーとして仕事に就いているネクサス9型レプリカントの「K」(演:ライアン・ゴズリング)はある日、ロサンゼルス郊外で農場を営んでいた逃亡レプリカントを"解任"するが、そこで庭の枯木の根元に埋められていたトランクを発見する。
トランクの中身は女性の遺骨で、検死の結果、約30年前に亡くなったレプリカントのものであり、出産時に帝王切開の合併症で死亡したことが判明。
レプリカントの出産は前代未聞であり、Kの上司である「ジョシ警部補」(演:ロビン・ライト)は、事実公表によって起きるであろう社会混乱を憂慮し、Kに事件の痕跡をすべて消すように命令するが・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

映画『ブレードランナー2049』日本版予告編


ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:57| 映画鑑賞記