レッスン生・コーチスタッフ大募集です。 03-3608-1135までお気軽にお電話下さい

2022年04月28日

映画鑑賞記:GODZILLA(1998ハリウッド版)

昨晩は前日の「GODZILLA 星を喰う者」に続き、1998年に公開されたハリウッド版「GODZILLA」を久しぶりに鑑賞。

B9266A47-F957-4528-8350-14AC7918A804_1_201_a.jpeg
「GODZILLA(1998)」
(監督)
ローランド・エメリッヒ
(脚本)
ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
(出演者)
マシュー・ブロデリック
ジャン・レノ
マリア・ピティロ
ハンク・アザリアほか
(音楽)
デヴィッド・アーノルド
(公開年)
1998年

(ストーリー)
ある日、南太平洋で日本の漁船が謎の生物に襲われ沈没する事件が起き、かろうじて救出され唯一の生存者となった老船員からは恐怖に慄いた言葉で「ゴジラ」という名が紡がれる。
翌日、チェルノブイリで放射線による生物への影響を調査していた生物学者の「ニック・タトプロス」(演:マシュー・ブロデリック)は、米国務省からパナマの被災地の調査チームに半ば強制的に編入されニックは「自分は畑違いだ」と訝るが、そこで巨大な生物の足跡を目の当たりにし驚愕する。。。

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

『ゴジラGODZILLA』(1998)日本版劇場予告編

ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:26| 映画鑑賞記