レッスン生・コーチスタッフ大募集です。 03-3608-1135までお気軽にお電話下さい

2022年03月30日

映画鑑賞記:モスラ対ゴジラ

昨晩は前日の「キングコング対コジラ」に続き、ゴジラシリーズ4作目で1964年公開の「モスラ対ゴジラ」を鑑賞。

FFE98649-6363-43B1-8157-13ADDC138858_1_201_a.jpeg
「モスラ対ゴジラ」
(監督)
本多猪四郎
円谷英二
(脚本)
関沢新一
(出演者)
宝田明
星由里子
ザ・ピーナッツ
小泉博
藤木悠
佐原健二
田島義文
小杉義男
藤田進
田崎潤ほか
(音楽)
伊福部昭
(公開年)
1964年

(ストーリー)
巨大台風が通過したある日、静之浦の海岸には巨大な卵が漂着する。
その話を聞いたハッピー興行社の「熊山」(演:田島義文)は漁民から卵を買い取り、静之浦の海岸に孵化施設を兼ねたレジャーランド"静之浦ハッピーセンター"の建設を始める。
その一方で、巨大卵の調査を行なっていた大学教授の「三浦」(演:小泉博)や新聞記者の「酒井」(演:宝田明)達の目の前に双子の「小美人」(演:ザ・ピーナッツ)が現れ、巨大卵はインファント島に唯一残っていたモスラの卵であり、卵を島に戻すように求める。
求めに応じた酒井たちは卵を返還するよう熊山に対し抗議活動をするが、熊山の背後には大興行師である「虎畑二郎」(演:佐原健二)がいて抗議活動は頓挫、落胆した小美人たちはインファント島へ帰ってしまう。
しかし小美人たちが帰途に着いたころ、ゴジラが復活し名古屋を壊滅状態に陥れる・・・

(※画面かタイトルをクリックすると予告編が流れます)

『モスラ対ゴジラ』 | 予告編 | ゴジラシリーズ 第4作目

ブログランキング参加中。
「この映画が面白そう」と思った方はクリックしていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村

posted by 春ちゃん at 22:39| 映画鑑賞記